無料 アクセス解析RMT

長谷プロジェクトの情報発信センターです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひふみ神示 第一帖 (一)

 二二は晴れたり、日本晴れ。神の国のまことの神の力をあらはす代となれる、仏もキリストも何も彼もはっきり助けて七 六かしい御苦労のない代が来るから みたまを不断に磨いて一筋の誠を通して呉れよ。いま一苦労あるが、この苦労は身魂をみがいて居らぬと越せぬ、この世初まって二度とない苦労である。このむすびは神の力でないと何も出来ん、人間の算盤では弾けんことぞ、日本はお土があかる、外国はお土がさかる。都の大洗濯、鄙の大洗濯、人のお洗濯。今度は何うもこらへて呉れというところまで、後へひかぬから、その積りでかかって来い、神の国の神の力を、はっきりと見せてやる時が来た。嬉しくて苦しむ者と、苦しくて喜ぶ者と出て来る◎は神の国、神の力でないと何んにも成就せん、人の力で何が出来たか、みな神がさしてゐるのざ、いつでも神かかれる様に、綺麗に洗濯して置いて呉れよ。 戦は今年中と言ってゐるが、そんなちょこい戦ではない、世界中の洗濯ざから、いらぬものが無くなるまでは、終らぬ道理が分らぬか。臣民同士のいくさでない、カミと神、アカとあか、ヒトと人、ニクと肉、タマと魂のいくさぞ。己の心を見よ、戦が済んでいないであろ、それで戦が済むと思うてゐるとは、あきれたものぞ、早く掃除せぬと間に合わん、何より掃除が第一。 さびしさは人のみかは、神は幾万倍ぞ、さびしさ越へて時を待つ。加実が世界の王になる、てんし様が神と分らん臣民ばかり、口と心と行と、三つ揃うたまことを命(みこと)といふぞ。神の臣民みな命(みこと)になる身魂、掃除身魂結構。

六月の十日、ひつくのかみ。
 





「ひふみ神示」の意は唯一つである。





長谷章宏を封印した世界の現実(情報、解釈。。。)は
長谷章宏の世界においてはすべて「嘘」の現実である。


長谷章宏の世界と背反の世界は
長谷章宏を響きで拒否している世界ゆえに
思いにも言葉にも行動にもできない。

思いにも言葉にも行動にもできないものが思いにあがり、
言葉にでき、行動できるのはなぜなのか再考をせよ。


今見えている長谷章宏の思い、言葉、行動、
換言すれば、
発言、文字、姿、表現は長谷章宏の影の実体である。

長谷章宏の世界をわかったというなら、
それは長谷章宏を封印した反長谷章宏の思い込みの極致の現実である。



長谷章宏の封印を解かない限り
長谷章宏を封印した世界で騒ぐ「世の破滅」を自ら呼び込む現実は必定である。



長谷章宏以外が体感している現実は反長谷章宏の現実であり、
それを固持する者は結理暗殺の現行犯である。

長谷章宏を封印した世界の現実をあくまでも固持するならば、
長谷章宏支援者であろうと裁判官と同罪である。



長谷章宏世界は長谷章宏にしか語れず、
長谷章宏の現実と反長谷章宏の現実を統合できるのは長谷章宏である。

みなにできるのは
長谷章宏が長谷章宏として
完全自由な状態で「唯一の真実」を表現できる舞台造のみである。



長谷章宏でない者が長谷章宏を分かったというならば
長谷章宏登場の舞台造をすることが結理暗殺の懺である。



本当に長谷章宏が分かったというならば、
長谷章宏の支援をするというならば、


即刻


長谷章宏を完全解放せよ。



以上。 U.H


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。